Current Exhibition.gif


swoon

「Swoon」
2018, Oil on canvas H216×W438cm

 

今津景 個展 Main gallery

「Measuring Invisible Distance」

2018年6月9日(土)〜7月14日(土)
日月祝休廊
開廊時間:11:00-18:00(火/ 水/ 木/ 土)、11:00-20:00(金)
オープニングレセプション: 2018年6月9日(土) 18:00-20:00

 

美術史における身体性のデッドエンドとその進化を標榜し、Photoshop®で再構成した古今東西の画像データをキャンバスに描き直した鮮烈な作品で世界的に注目を集める今津景。本展では『Measuring Invisible Distance』(見えない距離をはかる)をテーマとし、『Swoon』(気絶)と題された約2×4メートルの大作を中心に、コンスタンティン・ブランクーシの彫刻「眠れるミューズ」などを描いた新作でギャラリー空間を構成いたします。

『Swoon』には、進化論の図、ルーカス・クラーナハが描いたイヴ、母子像など、進化と母性をテーマにしたモチーフが意図的に選ばれ引用されています。最背面に描かれているのは、ネイルアート(マニキュア)を施した女性の手です。ネイルアートは、身体に描く小さな絵画として今津が興味を持っている題材であり、他の作品でも度々引用されています。この他、今津が近年考察を続けてきた「構造物の輪郭線」や、自身のドローイングが画中画として大胆に取り入れられており、この作品は、生命や芸術の歴史といったテーマを主軸に、今津が絵画を思考し制作してきた時間そのものが緻密に構成されています。

また、全体が柔らかな色調で覆われた画面の中心部には黒く太い線が唐突に現れ、大きくのたうった後、右手の別の図像の裏に消えていくように描かれています。この線はコンピュータのモニタ上でマウスを無意識に動かした軌跡のようにも見え、血肉や体温を感じさせるタブローを無機質なデジタル表現がためらいなく引き裂いているようです。この線は、コンピュータ上のデータをPhotoshop®の<指先「ツール」>で触れる作家と、巨大なキャンバスに絵の具と筆で取り組む作家との「身体性」の共通点を同時に示す重要な役割を担っています。

この他には、「パソコンで作った画像を絵画という物質に置き換える時に起こるずれ、それは目に見えない画像の後ろ側にある物語や感情や空間を手探りで探るような事で、その一連の行為をどう画面に定着させるのか」という興味をテーマに据えた一連の作品を展示いたします。
いずれの作品にも、顔、手、四角形、恋人たちといったイメージが繰り返し現れており、自身の生活の中で沸き起こった強い感情や私的なできごとがモチーフに託され、描かれています。

 

※同時開催 バグース・パンデガ 個展(山本現代 Viewing room)